衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着ての記念写真は写真館でわざわざ撮らず家のカメラで満足

我が家には7歳と3歳の男の子がいて、今までにいろいろな節目節目の行事をしてきました。
小さい頃は、お七夜、お食い初め、初節句などなどです。

その中でも初めてしっかり衣装を着てお祝いしたのは、七五三だった気がします。

周りの友人たちに聞くと、どこかの写真館で衣装を着て、記念写真を撮ったという人がほとんどでした。
そのことを聞いても私たち夫婦はわざわざ写真館にいって写真を撮ろうという気持ちにはなりませんでした。
もちろん予算のこともありましたが、慣れない場所にわざわざ行って、慣れない衣装を着て、そういった不自然な姿を写真に残すより、自分の家のカメラで自然なショットが撮れればその方がいいという考えが夫婦の中であったからです。

それは、両家の親の理解もあったからできたことかもしれません。親の手前もあって、しっかり記念写真を撮らなくてはならないと言っていた友人が何人かいたからです。

両家の親のプレッシャーもなく自由にできたことがよかったのかもしれません。

そういう考えをもった私たち家族は、七五三は自分たちの決めたスーツを着せ、近くの神社にお参りし、その後お祝いのご飯を食べて帰るというコースになりました。
家族のペースで写真も撮り、子供自体にも我慢の時間を作ることなく、楽しい一日を終えられ、とてもいい思い出になりました。
我が家のカメラは、一眼レフカメラで、今時の一眼レフカメラは、素人がとってもそこそこの写真が撮れるので、その写真を両家の親に送りました。
今でもそれでよかったと思っています。

新着おすすめ

Copyright (C)2017衣装を着て記念写真を撮った思い出.All rights reserved.