衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着て記念写真を撮った思い出

記念写真できる衣装は着物

ここ数年、我が家では毎年子供の誕生日に記念写真を撮るようにしています。
大手の写真館を予約しての撮影です。

自分達でとるのもいいのですが、写真館で撮っているのには訳があります。
その写真館では、撮影料3150円を払えば、子供達の衣装が、何点でも好きなだけ着ることができるのです。

もちろん、写真代金は別途かかりますので、最終的には1万円を超えることになります。
今まで一番高かった時には5万円もの代金を払ったこともあります。
ただ、今から考えると、何もそこまでお金を書ける必要はなかったと反省しています。

衣装ですが、子供のお気に入りは着物です。

私には着付けの知識がないので、子供に着物を着せることができません。その前に着物すら持っていないので、この写真を撮る時だけ着ることのできる、唯一の楽しみとなっています。
下の子供は小柄です。

身長もまだ125センチに満たないくらいです。

そのため、七五三用に展示されている着物がまだまだ充分に着ることができるのです。

当然、選べる着物の種類もたくさんあります。
それに引き換え、上の子供は現在中学生なので、着物自体の取り扱いがないといわれてしまいました。
この年齢でそろえられるのは、袴だそうです。

もう、この年齢になって記念写真を撮りに来る人はそうはいないといっていました。
七五三の次に記念写真が売れるのは、二十歳の成人式らしいです。

どうしても着物が着たいという上の娘の意見を尊重してくださり、他店で取り扱っていた着物を取り寄せてくれました。

Copyright (C)2017衣装を着て記念写真を撮った思い出.All rights reserved.