衣装を着て記念写真を撮った思い出

衣装を着て記念写真を撮った思い出

記念写真の衣装はおさがり

はじめて写真屋さんで記念撮影をしたのは、下の子供が生後100日を迎えた記念写真でした。
すでに100日は過ぎてしまっていたのですが、上の子供の幼稚園への入園も重なっていたのでプロにとってもらおうということになったのです。

100日参りの衣装は、上の子供が生まれた時に母に買ってもらった着物を下の娘にも着せました。
着付けをどのようにしてていいのか知らなかったので、自分達で神社にお参りに行った時には、抱いている娘にただ肩から掛けるだけでした。
しかし、プロの方にお任せしたところ、小さな赤ちゃんにもキレイに着付けてくれていました。
まるで真っ赤な金魚さんのようで、とてもかわいかったです。

当時の2人の写真は、下の子供が着物で、上の子供が幼稚園の制服でした。
今見ると、小さかったのだなと改めて感じます。
既に、上の子供を抱き上げることはできなくなってきました。
何とか下の子供は両手で抱き上げあれますが、本人は嬉しくないようです。

その後も、七五三などことあるごとに写真屋さんを利用しています。
上の子供が中学生となってしまったのでいつまでこの記念写真撮影が続けられるか分かりませんが、また今年も撮りたいなと思っています。
今までは、誕生日に撮ってきました。
娘2人が同じ月の誕生日なので、一緒にバースデーフォトが取れるのです。

衣装は着物やドレスから好きな物を好きなだけ着て撮影のできる写真館なので、贅沢に着物1着と、ドレス2着を着て撮影してもらっています。
美容院で着付け、髪型セットをするとなるとそれだけで5千円はかかると聞きました。
写真館はそれに比べはるかに安くすみます。

新着おすすめ

Copyright (C)2017衣装を着て記念写真を撮った思い出.All rights reserved.